バナー.png

Copyright (c) 2013-2019, 子どもと舞台芸術大博覧会2019. All right reserved.

27.劇団なんじゃもんじゃ

・対象年齢:6歳〜

・上演日時:8/2(金) 15:30〜16:40

​・会場:中練習室42

​<作品名>

ベッカンコおに

〜二人芝居が限界を超えた!〜

◆参加費:

事前1,000円 当日1,500円

※満席になり次第締め切りとなります。お早めにお申し込みください。

​<作品紹介>

笛吹峠には『べっかんこ顔』の鬼、里には目の見えない娘『ゆき』が住んでいた。二人は一緒に暮らすようになった。ゆきは幸せになればなるほど『べっかんこ顔』が見たくなった。「鬼の顔は恐いがそれでも見たいか?」鬼が聞くとゆきは「見たい!」と言った。

​<参加者からの感想>

◎ゆきが鬼になるシーンが印象的でした。「沢山の方々の協力で舞台ができました」の夏ちゃんの言葉が心に残りました。私の息子もちょうど二十歳になります。私も子ども劇場を続けて来て良かったなあと、本日の舞台を観て思いました。帰りの車の中で高3の娘が「うまいねぇー。」とひと言。舞台の背景とか衣装とかお二人の役の早変わりとか、お二人が夫婦であることも、とても良かったみたいです。

 

◎ベッカンコおにとても良かったです。泣きそうになりました。小さなステージでしたが心に残る作品でした。原作を知らなかったので、どんな内容か分かりませんでしたが、考えさせられる所もありました。

 

◎難しいお話なのに子ども達が、とても静かに聞いたり、観ていて感心しました。ゆきの文楽人形の扱いも素晴らしかったし、フクロウの眼の開閉や早変わりなど良かったです。ゆきが鬼になってしまったままなのでしょうか。

 

◎何年ぶりかの子ども劇場ワクワクでした。そして・・・心から感動した。2人だけで演じているとは思えない。お話も深く心に残るお話だった。本当にありがとうございました。

 

◎最後の結末が衝撃的でびっくりしました。泣いた赤鬼のようなベッカンコおにでとても良いお話でした。これからもお体に気をつけて頑張って下さい。ありがとうございました。

 

◎なんじゃもんじゃさんの暖かな雰囲気に触れただけで和みました。が、最後は身につまされるものがあり、涙が溢れました。ゆきの人形のこだわりもしっかり伝わりました。良かったです。

 

◎終わってからも余韻が残るとても良い作品でした。

 

◎久しぶりに高学年の例会に参加しました。とても考えさせられながら観ました。良かったです。

 

◎2人だけでいろんな役をしていてすごかったです。歌でお話を表していてすごかったです。とても面白かったのでまた今度も来て下さい。ありがとうございました。

  • Houzz  - ブラックサークル
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagramの社会のアイコン
  • Twitterの社会のアイコン
  • YouTubeの社会のアイコン